レマン湖畔より

アクセスカウンタ

zoom RSS 兄のサッシャを訪ねました・・・お便りと思い出88

<<   作成日時 : 2016/11/21 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

妹からは二通、義妹のベートリからはクリスマスの集いへのお誘い、ミッヘルさんからはお兄さんのサッシャさん訪問の報告、道子さんからはイギリスのカードで、故郷の理勢さんからは百秋湖の写真で、最後に懐かしい焼きりんご。


*妹から、10月28日

画像

「10月20日付のカードと写真、ありがとうございました。

征子ちゃんから電話があり、静江おばちゃんの具合が非常に悪いとのこと、明日、行って、お手伝いなどやってきます。」


*義妹のベートリから、10月30日

画像

「12月27日11時からのプルス家のクリスマスにお二人をご招待いたします。ヴェルナーも、私も楽しみにしています。

お元気のことと、思います。私達も元気ですが、時々、ヴェルナーの骨が痛みます。

銀行から、手紙が届きましたので、コピーを同封します。どうぞ、アドバイスをお願いいたします。」


*ミッヘルさんから、10月31日

画像

「兄のサッシャを訪ねました。電車でエクス・アン・プロヴァンス<地図上>まで行き、そこからは、車を借りました。時間がかかりましたね。ドアからドアまで8時間、でも、ゆっくりできました。

画像

サッシャは88歳、去年の夏までは達者で、ペタンク<写真上>をやっていました。

心臓弁膜の手術を受け、目が覚めた時には、弱くなっていました。姪のコレットに聞いてはいましたが、会って、胸が痛みました。

時たま起こる記憶喪失と幻覚に加えて、体がスムーズに動かないので、苦労しています。家の中で、何とか動いていますが、外には全然出ません。勿論、一人では問題外です。手が言うことを聞かず、得意なアンティーク家具の修復など思いもよりません。

画像

フランスの社会保障は素晴らしいです。朝、洗面と身支度を手伝う看護婦さんが来て、昼にはヘルパーさんが、勿論お昼も用意してくれます。後は、チンするだけ。夜に、又、看護婦さんが来てくれます。看護婦さんとヘルパーさんは市役所から、食事は病院からです。

コレットが度々顔を見せます。

一週間、滞在しましたが、買物に行き、食事を用意しました。

若い頃の話に花が咲きました。最近の記憶は完全に喪失しましたが、昔の事はよく思い出せました。
と言う訳で、命が突然終わることを意識しました。

画像

今のところ、私達二人、そして、犬のウッディも元気で、毎日3時間から4時間歩いています。」


*道子さんから、11月5日

画像

「テオは、今日、土曜日、沢山の洗濯物を抱えて、(兵隊学校から)帰ってきました。幸せそうです。」


*故郷の理勢さんから、11月6日

画像

「昨日は、お天気が良く暖かかったので、長井ダムの百秋湖に主人と行って来ました。テレビで余りにも、美しかったので。ご主人様に宜しくね。美しいカレンダー有り難うございます。お元気でね!」


*妹から、11月10日

画像

「11月7日、小包、いただきました。ありがとうございました。全部、嬉しいです。

お葬式の為、征子ちゃんの家に滞在しました。

イベントがあり、行ってきました。新米を味わう会でした。私は食べませんでしたが、征子ちゃんは試しました。豚汁とあんこ餅もありました。丁度、お昼時で、これで、十分でした。征子ちゃんは、籤運もあり、立派な大根が当たりました。驚いたことに、全部、無料。楽しかったです。

今の季節、大好きです。空気が澄み、木の葉も色づいています。今年は、昨年よりも寒いようです。」(原文は英語)

画像

「素敵なプレゼント、ありがとうございます。マリア様のろうそくは、クリスマスに使います。菊花茶はおいしい!幸せ!

黒と茶のレッギングスは、私にピッタリで、とても暖かいのですが、今まで使ったことがないので、使い方をあれこれ考え中です。

静江おばちゃんは、安らかに心持微笑んでいるようでした。

征子ちゃんは、最後まで、静江おばちゃんへの心配りをしっかりと勤め、感心しました。

美代ちゃんと茂夫ちゃんには、50年振りで再会し、功ちゃんも心臓にペースメーカーを入れているとのことでしたが、元気そうでした。それぞれの人生を生きていたのだ、と実感しました。」

・電話で話ましたが、葬儀屋さんに感激したそうです。女性の係り員が亡くなった叔母の体をそれは、美しい動作で、浄めてくれたそうです。映画「おくりびと」を思い出しました。

画像

・林檎の季節。子供の頃、友人のおかあさんが作ってくれた焼きりんごを思いだしました。芯をくり抜いて、バターとシナモンで味付けしてありました。

マルスパンとピスタッチオを詰めるレシピを見つけました。塩辛いピスタッチオしかなかったのですが、やってみたら、美味しいのです。夫も喜んでくれました。


雪子


テキストや、日本語に間違いがあったら、どうぞ、直してください。ご意見もお待ちしています。

まず、「コメント」をクリック、「コメントする」まで辿りついたら、「ニックネーム」と「本文」を書き入れます。最後の「コメント(会員用)」と「コメント」がありますから、「コメント」の方をクリックしてください。  



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
兄のサッシャを訪ねました・・・お便りと思い出88 レマン湖畔より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる