レマン湖畔より

アクセスカウンタ

zoom RSS 子守の為に足腰を鍛えるおばあちゃん

<<   作成日時 : 2017/01/16 01:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

靴をスニーカーに、そして、足腰を鍛えてお孫さんの子守に備えているおじいちゃんとおばあちゃん、漫画で日本語の勉強をとオーレーリーさん、放射線治療中のルイーズさん、生まれて初めての感謝状いただき、クリスマスのデコレーションを外し、御殿まりを飾り、年が明けてからやっとクッキーを焼いる私です。

画像

*小さな子供を追いかけるのには、スニーカーを・・・夏子さんとご主人

大きなスーパーには、セルフサービスの大きなカフェテリアがあります。夫と私の座っている所から、夏子さんとご主人が小さな子供たちと座っているのが見えました。冬は、黒っぽいものを着ている人が多いのに、夏子さんは、おしゃれに真っ白な服装です。

出口で一緒になりました。「ご主人さま、ジーンズですね。夫は、ジーンズが大っ嫌いで・・・。羨ましいです」と私。

「孫を追いかけまわすのに、革靴では危なくて、スニーカーで、そしてジーンズです」と夏子さん。

夏子さんの靴を見たら、何と、スニーカー。夏子さんは、いつも、ハイヒールでした。

「私も、小さな子供を追いかけるのに、スニーカーにしました。少し、ヒールが入っています。」

お孫さんの子守り、大変なのですね。


*孫の子守りの為に足腰を鍛えるマダム・エンジェル

家の前で、ジャージー姿のマダム・エンジェルに会いました。

「お元気ですか?息子さんのニコラさんは?」

「お蔭様で、元気にしています。息子には4歳と1歳の娘がいます。嫁が医者なので、私達が孫の面倒をみることが多いのです。息子の家の近くにフィットネスジムがあり、夫と二人で通っています。今日は、この近くに住んでいる母を訪ねて来たのですが、ついでにジョッギングしています。これで、こんな格好で失礼します。孫のお守りの為、足腰を鍛えています。」

昔のお隣さんで、プリウレ教会の下のブドウ畑の中に家を建てて、引っ越して行きました。もう、20年も以上になりますね。

夫が、ご主人と先日会い、「リオのオリンピックに行ったと、話していたよ。」

画像

エンジェル家はスポーツ一家で、父と息子で、レマン湖を縦断するVoile d’Or金帆杯に出ていました。


*漫画で日本語を・・・とオーレリーさん

画像

新年になり、オーレリーさんとの日本語の勉強が再会されました。日本語で「明けましておめでとうございます」と挨拶してくれました。嬉しいですね。そして、プレゼントをいただきました。Caillersカイェのチョコレートです。美味しかったです。

画像

オーレリーさんは、日本の妖怪が好きで、この漫画をテキストにしたいのだそうです。自分で訳してきます。オノマトペが多く、男子言葉です。どうかなあ・・・と、私は思うのですが、この漫画でモチベーションがあがるようです。15巻までは、フランス語訳が出ているそうです。

画像

リンちゃんとリカちゃんのお母さんにいただいた5年生の国語のプリント『北原白秋の五十音』を持っていきました。私なら、声を出して、何度も読むのですが、オーレリーさんは、無言。もう、大人なので・・・。


*放射線治療を受けているルイーズさん

今朝のミサで、ルイーズさんが朗読。声が聞きやすく、お上手です。ミサが終わった後で、挨拶に行きました。

「新しい年、元気に始められましたか?」

「放射線治療の真っただ中です。」

「それは、大変。お名前をお聞きしてもよろしいでしょうか。私は雪子です。」

「ルイーズです。」

何ヶ月か前、坊主頭で朗読をされたので、ミサの後で、「私、昔、乳癌をやって、摘出したのですよ」と話しました。その時は、化学治療の最中でした。

これよりも、ずっと前、2度、お会いしたことがありました。ピュイの『女性コーラス』と『書く工房』に見にいらしたのです。その当時、ふくれっ面で、見るからに、問題がありそうでした。

その後、教会で何度も見かけましたが、落ちついた顔になっていました。

現在、癌の治療中でも、朗らかで、美しいです。


*生まれて初めての感謝状

画像

ポスティング・ジョイというソーシャル・ネットワークに入れていただいていました。皆さん、前向きで、実際的なお料理とか、手仕事でも、素敵なアイデアで一杯でした。毎日、開けるのを楽しみにしていましたが、9月末で、お終いになりました。

どうしたことか、『感謝状』をいただきました。生まれて初めてです。

この『感謝状』で思い出しました。若い頃、仙台のある修道院にお世話になっていました。カナダ人の修道会で、病院と音楽教室を経営していました。音楽の先生がシスター・ベルナデットで、監獄に囚人を見舞っていて、ある日、見せて下さったのが、この『感謝状』のような紙でした。日本では、卒業証書とか、珠算3級とか、こういう立派な紙をいただきますね。シスターの見舞っていた方は、これに名前とかを筆で書いている人でした。

私は、幼い時に父を亡くし、周りにも戦争で父、叔父などを失った人が多く、『戦争』と『死』に興味があり、シスターのお見舞いしている囚人に心が引かれていました。

ある日、シスターが「あの方、今朝、死刑になりました。」

画像

恋人がいたのですが、上司の娘を結婚相手に・・・の話があり、恋人を殺したのだそうです。1951年、モンゴメリー・クリフトとエリザベス・テーラー主演の映画『陽のあたる場所』という映画がありましたが、似ていますね。


*クリスマスのデコレーションを外しました。

クリスマスのデコレーションを片付けました。少し、寂しくなりました。年末に亡くなった伯母が作ってくれた御殿まりを飾りました。

画像

そして、クリスマスカードを夫と再度読み、「こんなに沢山、いただいて、嬉しいですね。ありがたいですね。」

画像

お手伝いのドーラさん、「こんなに沢山、初めて見ました。我が家には3通だけです。


*やっと、クッキーを焼いています。

画像

昨年もそうでしたが、待降節中は時間がなく、年が明けて、やっとクッキーを焼いています。


雪子


テキストや、日本語に間違いがあったら、どうぞ、直してください。ご意見もお待ちしています。

まず、「コメント」をクリック、「コメントする」まで辿りついたら、「ニックネーム」と「本文」を書き入れます。最後の「コメント(会員用)」と「コメント」がありますから、「コメント」の方をクリックしてください。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子守の為に足腰を鍛えるおばあちゃん レマン湖畔より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる