レマン湖畔より

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャン君の夢をみました

<<   作成日時 : 2017/01/20 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

バスの中で会った孫の世話をしにウィーンから来ているご婦人、これもバスの中でハンドクリームを使っていたご婦人、お肌の手入れ、生後8カ月で捨てられて施設を転々としたご婦人、希望を持って頑張っている高校生、一時間も客の話を聞いてあげるスーパーのレジの人、エストニア産のろうそく、オレンジ味のクッキーと塩味のマッフィン。これが、今日のテーマです。

画像


*バスの中で

・ウィーンから来て、孫のお世話をしているリヒターさん

クリスマス前ですが、夫とバスで帰ってきました。途中のモントリヴェ学校があるモンショワジで、ご婦人が子供と一緒に乗ってきて、私達の前に座りました。聞いているとドイツ語です。

「お孫さん、モントリヴェの小学校に通っているのですか?」

「いいえ、この子は幼稚園です。お兄ちゃんが小学校で、夫が迎えに行っています。娘が忙しいので、ウィーンから来て、手伝っています。朝、二人を学校と幼稚園へ届け、帰って昼食の支度後、学校と幼稚園へ迎えに行き、昼食。その後、この子は家に残りますが、お兄ちゃんは又、学校へ戻ります。かなり大変で、クリスマスのお休みが楽しみです。ピュイにお住まいですか?」

「オッシュ通りです。」

「娘の家は、29番です。よろしければ、時間を見つけて、遊びに来ていただけませんか?私はリヒターと申します。」

同じ停留所で降り、お孫さんに私の切符をあげたら、喜んでいました。

訪問していませんが、初めて会った人に「遊びに来てください」ですから、寂しい思いをしているのでしょう。

画像


・ハンドクリーム

バスの中で、お隣に座った若い女性が、どうしたことか、ハンドクリームを使っていました。初めて見ました。

「あら、私と同じクリームですね。私は同じマークの足のクリームも使っていますよ。」

「私もです。使い易いですね。」

話は違いますが、チューブに入っているクリームは、最後になると、なかなか絞れなくなります。真ん中を切って、被せると、かなり使えます。

画像


*肌の手入れ

この前の新年会でも、髪、肌の手入れが話題になりました。道子さんは、40代の後半になって、40代前半よりも美しい肌なので、お聞きしました。

「今、マッサージをしています。前は何もしていませんでした。」

ユーチューブのサイトを教えていただきました。英語ですが、日本語のもあると思います。それで、私も、お風呂に入りながら、顔をつるつると撫でています。

https://youtu.be/CdkgqXBXprY

画像


*親に捨てられても、立派に生きてきたご婦人

美容院に、時間前に着きました。私の係りのミンダさんはまだ先客のお世話をしていました。私は、雑誌を見ながら、何気なく聞いていると・・・。

「8ヶ月で親から離れ、養い親、施設を転々としました。成長してから、一度、父親と会ったことがありますが、母親のことは、知りたいとも思いません。

ここで、義務教育を終えてから、ドイツ語圏へ行き、こちらに帰ってきてから、夫と知り合いました。

私は、8人兄弟の末っ子です。」

ミンダさん「子供を産みっぱなしにしたのですか?まあ、ひどい!」

「初めの二人は、普通に育ったそうです。その後、子供を育てられなくなったみたいです。」

ミンダさんは、ご婦人を送って、入口まで行きました。ご婦人は、お隣の薬局へ行ました。

「雪が降り始めましたから、大変だったら、お送りしますから、薬局が終わったら、戻ってきてください。杖を突いてでは、大変でしょう。」

しばらくして、ご婦人が戻ってきました。「雪がやんだので、歩いて帰ります。」

「あの方、何歳と思いますか?」とミンダさんから私へ。

「さあ・・・。」よく見ませんでしたけれど、真っ白ないでたちでした。

「96歳ですよ!」

「まあ!育った環境が大変でも、立派に生きていらしたのですね」と私。

画像


*ジャン君の夢をみました

夢の中で、ジャン君は背が伸びて、ほっそりとしていました。

脳腫瘍の手術の際、何のホルモンか知りませんが、メスが触ってしまったらしく、そのホルモンが全然でなくなってしまったそうです。一日、何十錠もの薬を飲み、肥ってしまいました。

お父さんに話しました。「ジャン君、いかが?」

「頑張っています。弟の方が背が高くなり、男らしくなってきました。でも、ジャンは、矢張り、長男です。」

「弟君とお兄さんの関係は大丈夫ですか?」

「大丈夫です。『兄は特別』と思っているようです。ジャンは思春期にもかかわらず、まるで大人のようです。しっかりとしていて、体が大変なのに、希望を捨てず、不平も言いません。今、普通の男の子のように発散しないで、40歳、50歳になってそれが出て来るのでは・・・と心配です。」

画像


*1時間も客の話を聞くレジの人

ローザンヌのクロズレのスーパーに、客数が少ない3時頃、身体障碍者がやってきて、チューインガムとか、小さなものを買って、あるレジで、1時間も話していくそうです。1時間も、客の話を聞いてあげるって、たいしたものですね。勿論、同僚たちの後押しがあってですが・・・。

心がほっかりとする話でしょう。ファロン牧師さんが話してくれました。

*初めてのエストニアの産物

画像


こういうろうそくを日本語では何と言っていますか?英語でtealight、ドイツ語でTeelichtです。4時間、持ちます。今、雑貨を買うと、全部、中国産と言ってもよいくらいですが、驚いたことに、これは、エストニア産です。写真では色が出ていませんが、美しいバラ色。お皿は、さゆりさんにいただきました。エストニア・・・行ったことがないのすが、ろうそくの灯りを見ていると、美しい家並みが目に見えるようです。

画像


*日本のレシピで作ったオレンジ味のクッキー。さっぱりとして、サクサクしています。

画像


それから、塩味のマッフィン。簡単で、今まで、レシピとにらめっこしていたのが、嘘みたいです。

画像



雪子


テキストや、日本語に間違いがあったら、どうぞ、直してください。ご意見もお待ちしています。

まず、「コメント」をクリック、「コメントする」まで辿りついたら、「ニックネーム」と「本文」を書き入れます。最後の「コメント(会員用)」と「コメント」がありますから、「コメント」の方をクリックしてください。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャン君の夢をみました レマン湖畔より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる