レマン湖畔より

アクセスカウンタ

zoom RSS お便りと思い出94

<<   作成日時 : 2017/02/13 12:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

従妹の征子ちゃんからは小包、花ちゃんからはお礼状、イギリスのノーマさんからは美しい庭の写真のサイト、冬子さんからはインド旅行の報告です。


*従妹の征子ちゃんから、1月26日

画像

「母の為に、たくさんのお祈りとお花料をありがとうございました。

苦しむことなく、静かに呼吸が止まり、ケアマネージャーさんと二人で、みとりました。とても安らかだったのが救いです。

毎日、写真に話かけています。今のほうが、補聴器を使わずに話せるので、いっぱい気持ちが伝わるような気がします。

10年前に帰天された私の代子(ゴッドチャイルド)の娘さんが、今年の命日祭に教会で会って、洗礼の勉強をすることになりました。初めての勉強の日は、雪が降ったのですが、約束の時間にキチンとみえ、一つの関門を通過できたと思います。娘さんの母親である私の代子と、私の母の洗礼の恵みがいただけるように天国での取次を願いながら、お相伴させていただいています。

元気ですので、ご安心ください。

カレンダーですが、どうぞ、日本の山々をながめてください。

ありがとうございました。」

画像

・休暇中、ホテルに小包が手紙と一緒に届きました。彼女を思って、涙がとまりませんでした。こんなに沢山送ってくれて、経済的に大丈夫かしら・・・などと、思ってしまいました。

従妹は、お姉さんがいたのですが、満州から引き揚げて来る途中、亡くなりました。あの頃、従妹は3歳か、4歳だったのでは・・・。妹と私と、同じ家で育ち、大学は関東で、後に幼稚園教師になりました。宮城県の叔母の家で家事をしながら、幼稚園で教え、祖母を、次に叔母を、そして、今回は母親を最後まで看取りました。私は、母にも、夫の両親にも何もしなかったので、恥ずかしいです。


*花ちゃんから、2月3日着

画像

「私の誕生会にいらして下さり、ありがとうございました。ご一緒できて、楽しかったです。

3月にハンスさんの誕生会で、お会いできるのを楽しみにしています。」



*イギリスのノーマさんから、2月4日

「我が家の庭では、スノードロップが顔を出し始めました。

画像

素晴らしい庭の写真を楽しんでください。」(上のような庭の写真が沢山入っています。)http://www.bbc.com/news/in-pictures-38829413


*冬子さんから、2月8日

「お元気でしょうか?いつも素敵なカードをありがとうございます。日本は寒い日が続いていますが、スイスはいかがでしょうか?

先日、夫とインドを旅してきました。絵葉書を差し上げようと思ったのですが、見つけることができなかったので写真を送りますね。

アウランガバードのミニ・タージマハル、

画像

エローラのカイラーサナータ寺院、100年以上の歳月をかけて岩をくりぬき美しい模様が彫られた9世紀の寺院です。

画像

そして、アジャンタは、石窟が30ほどあり美しい壁画が残されています。写真にはないのですが、5世紀ごろのもので蓮華手菩薩や金剛手菩薩などは日本の法隆寺にある菩薩像のオリジナルだそうです。

画像

画像


列車内のお弁当。注文を取りに来て、1時間ほど後に大きな駅に停車したときに届けてくれました。日本円にして300円ほどでした。驚くほど色彩豊かな果物と野菜のマーケット。グリーンピースが生でも食べることができ甘くって美味しかったです。日本では生では食べられないので、驚きでした。

画像

猪の頭をもったヴィシュヌの化身ヴィラーハ神。

画像

サンチ―のストゥーパ、手前の石の鳥居は、日本の神社の鳥居のオリジナルだそうです。

画像

ビームベートカーの岩陰遺跡の岩絵です。1万年前から紀元後に描かれたもので、ラスコーの洞窟の絵のように様々な動物が生き生きと描かれていました。

画像

オルチャのマハラジャの王墓とムガール皇帝のために25年かけて建てられた宮殿。でも彼は1泊しかしなかったそうです。遠征先で亡くなったためです。元は美しい青色のタイルで装飾されていたようですが、今はほんの一部にみられるくらいです。

画像


画像

インドは二度目ですが、車窓から見る景色や駅、田舎の町などは26年前とあまり変わっていないような気がしました。もちろん、電気や水道が普及し、道は舗装されて車も多くなりましたが、バスは30年以上前のものが普通に走っているし、田舎に行けば牛車も見かけるし、牛やヤギ、時には豚もうろうろと田舎では歩いていました。インドの発展には時間がかかるような気がしました。でも、とても魅力的な国です。日本の文化にも深く影響を与えた素晴らしい仏教遺跡やヒンドゥ遺跡など見るところはたくさんあり、またいつか行ってみたいと思いました。」

画像

・私も旅行に連れて行ってくださって、ありがとうございました。

・お手紙、メール、嬉しいですね。


雪子


テキストや、日本語に間違いがあったら、どうぞ、直してください。ご意見もお待ちしています。

まず、「コメント」をクリック、「コメントする」まで辿りついたら、「ニックネーム」と「本文」を書き入れます。最後の「コメント(会員用)」と「コメント」がありますから、「コメント」の方をクリックしてください。
 


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お便りと思い出94 レマン湖畔より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる