レマン湖畔より

アクセスカウンタ

zoom RSS お客があると、 気が紛れて、痛みが薄れます

<<   作成日時 : 2017/05/04 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ローザンヌの向こう、ピュイと反対側にある美容院で、月一度、髪を切ってもらっています。その後、大きなスーパーに行くのですが、その時、ロルフさんとクレールさんご夫妻と一緒に、スーパーのカフェテリアで昼食を取ります。

ロルフさんはラザーニャ、クレールさんは葉っぱのサラダだけです。よくこれで、体がもつものだ・・・と思いますが、クレールさんは、「すぐ太るので・・・」と。

クレールさんのお世話なしでは、ロルフさんはケアホームに行かないと、一人では生きてはいけなくなりました。痛みがあるのだそうです。「いらして下さると、気が紛れて、痛みが薄らぎます」と、私達を昼食に招待して下さいました。<写真上・お二人の居間の復活祭の飾り。写真下・芍薬ですが、前夜は蕾だったそうです。>

画像

一軒家で、二階を夫の昔の同僚に貸してあり、その方ともお会いしました。私も、電話番に行ったことがあり、知り合いで、お互いに月日の跡が見えました。

家に通してもらい、サロン、台所などの後、ロルフさんの事務所も見せていただきました。かなりの時間をパソコンの前で過ごすそうで、立派な画面にビックリ。ロルフさんは、特許を取るお世話をしていました。

画像

アペロですが、これは、美味しかったです。エビとトラウトサーモンが、パンの上にのっています。普通は、薄く切ったパンですが、これは、どうしてか、カリカリとしていました。このエビにミカンを添えても美味しいそうです。

画像

飲み物、アルコール無しの何でしょうか、ビッターのようですが、色が違いました。ビッターは赤いのですが、これは、オレンジ色で、氷をいれて、生のオレンジを添えて・・・。抜群でしたよ。

画像

ヴァレー州の友人が・・・」とよく話に出てくるので、「何処で知り合ったの?」と聞いてみました。

モナコ方面へのバス旅行で、初日の夕食にレストランに最後に入ったのが、ロルフさんとクレールさん。二席空いているテーブルに行って、「よろしいですか?」と聞いたところ、奥様がロルフさんをスキャンするほど、上から下、下から上とジロジロと観察したのだそうです。

バス旅行では、女性が多く、話題が限られてくるので、ご主人の為に、奥様が同席者を選んでいました。ご主人とロルフさんは、意気投合しました。奥様「帰ったら、お二人をご招待しますが、条件があります。私達をも招待してください。そして、一回限りではなくて、月に一度」だそうです。

お付き合いがうまく行き、今では、家族の集まりに招待される程になったそうです。

画像

昼食ですが、サロンのお隣の部屋で取りました。ここには暖炉があります。お膳立てがきれいにしてありました。はっきりとは見えませんが、テーブルも、後ろの瓶が置いてある家具も薄緑です。テーブルのバラは夫からクレールさんへのプレゼント。

画像

前菜、パテとゆで卵とサラダですね。

画像

そして、メイン。ポレンタを敷き、ラクレットチーズをのせ、又、ポレンタをのせ、その上にベーコンと玉ねぎを散らしたのをオーブンで焼いたもので、美味しかったです。一度、試してみたいです。クレールさんは、「こんな当たり前の料理で・・・」とおっしゃっています。

画像

デザートまでの間、結婚式の写真を見せてもらいました。7年前だったそうです。ピュイの我が家の近くの結婚式場で、戸籍上の結婚式をあげました。私達も出席。あれは、6月だったのですが、10月に教会で式をあげたのだそうです。

前日、教会の信者会館にアペロを準備。当日、結婚式は、礼拝式の前に行われ、信徒の皆さんも招待されたそうです。礼拝後、当時、お二人は社交ダンスをしていたのですが、学校の校長先生ご夫妻、学校の友人たちが駆けつけて、皆で踊って、楽しかったそうです。ダンスの仲間の一人がお菓子屋さんで、「車に、・・・が入っているから、持ってきてもいいですか?」と、助けてくれたそうです。5時まで、過ごしたのだそうです。

その時、ロルフさん79歳、クレールさん70歳。ロルフさんは、まだお元気でしたね。

ロルフさんに聞きました。

「クレールさんと結婚して、幸運でしたね。」

「わかっています。」

ロルフさんは、感謝の気持ちとして、クレールさんに、時々、プレゼントをしてくれるそうです。今回は、タブレットで、クレールさん、嬉しくて、早速、撮った写真を見せてくれました。「インターネットからの写真ではなくて、私のですから・・・。それから、スカイプも出来るし・・・。」

画像

夫のお気に入りの軟膏があり、ロルフさんに教えてもらったのだそうです。ロルフさん、「そうだったけ・・・」と忘れていたようで、「これを使っているよ」と、見せてくれたのが、『馬軟膏』。「ええっ、馬につけるのを使っているの!」と驚きました。「違うよ。人間用だよ。」よく見たら、『人間の為の10種ハーブ入り馬軟膏』、いただいてきました。<写真上>

デザートは、café glacé、日本語ではアイスコーヒーと言うそうです。エクスプレッソ・アイスクリームに、熱いコーヒーを注いだもので、美味しかったです。それに、クッキーを添えて。

画像

画像


我が家は空間という感じですが、お二人の住居、住みこまれていますね。クレールさんの女性らしいタッチの飾り付けが、至ところにみられます。

やさしくしていただいて、美味しいお食事をいただき、ヴァレー州の友人との出会いと馬軟膏の話が面白かったです。

ありがとうございました。


雪子


テキストや、日本語に間違いがあったら、どうぞ、直してください。ご意見もお待ちしています。

まず、「コメント」をクリック、「コメントする」まで辿りついたら、「ニックネーム」と「本文」を書き入れます。最後の「コメント(会員用)」と「コメント」がありますから、「コメント」の方をクリックしてください。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お客があると、 気が紛れて、痛みが薄れます レマン湖畔より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる