レマン湖畔より

アクセスカウンタ

zoom RSS ドーラさん・姪が心臓移植を受けました

<<   作成日時 : 2017/05/16 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

瀬戸物の絵付けの展覧会をやったファブリチアさん、心臓移植を受けたドーラさんの姪ごさん、奥歯を4本抜いて、夏休みの実習先が見つかったオーレリーさん、マリナさんのポレンタ料理の話がテーマです。


*ファブリチアさん

ファブリチアさんは、現在、教会で管理人をしています。

「この蘭の花、見てくださいな。もう二年ですよ。まだまだ、蕾もついて・・・。」

そして、ビラをくださいました。

画像

『ギャラリー・アルヴァで、4月21日から5月4日まで、絵付けの展示会があります』

「私一人ではなくて、7人なのですけれど、どうぞ、いらしてください。」

・ファブリチアさんは、瀬戸物の絵付けをしています。私にも、プレゼントして下さいました。筆ののびが良いですね。頂いたのは、姪のスーに、昨年、貰ってもらいました。

家で、教えていて、日本の女性も習っていました。

画像


*ドーラさんの姪ごさん

日曜日のミサで、ドーラさんの隣になりました。

「姪が、今、心臓移植の手術中です。」

「まあ・・・!」

コロンビアの姪ごさんは、9年前に妊娠。どういう事か、わかりませんが、「心臓が焼けた」とドーラさんが言っていました。

女の子が無事にうまれ、その子が、現在9歳になります。

心臓が段々悪くなり、何週間か前から、入院中で、10%しか働かないので、絶対安静。心臓提供者を待っていました。

「姪の誕生日の写真を見て下さい。夜間担当の看護婦さんたちが、部屋を風船で飾り、ケーキを持ってきて下さいました。姪は笑って、この写真を送ってくれました。」

確かに、病室は、ピンクとブルーの風船の飾られて、バースデーケーキを前に、姪ごさんが笑っていました。

画像

水曜日、ドーラさんに「姪ごさん、心臓移植手術、どうでした?」

「無事に終わりました。後は、待つばかりです。第一に、姪の事もそうですが、心臓提供者とご家族の為に祈りました。」

携帯で見せて下さった姪ごさん、顔色は良くありませんが、微笑んでいます。

「全く、イタリア人の考え方は・・・、夫も、義姉も、『他人の心臓を持つなんて…』と理解がありません。」

一週間後の日曜日に「このままですと、3週間後には、退院できるそうです。

・心臓移植を実際に聞いたのは、初めてです。以前、プロテスタント教会の手仕事の会に行っていた時、ある方のお嫁さんが、その方の妹さんに自分の腎臓をあげた、と言っていました。その後、お二人とも、お元気なようです。


*オーレリーさん

画像

いつものように、ピュイのスーパーで会いました。花束をいただきました。

「今日は、何をしたいですか?」

歯を4本、抜いて、あまり体調がよくありません。弟は2本抜いて、又、2本抜くのだそうですが、私は、2本ずつ、二回抜くのにはは耐えられないので、一回に4本抜いてもらいました。」

これは、大変ですね。

画像

「では、用意してきたものですが・・・」と、私。

どなたかに頂いた一葉箋。十五夜と十三夜と、この場面を説明。樋口一葉が書いたものらしいのですが、私は知りませんでした。

それから、百合子さんに送っていただいた『小学生新聞』からコピーした『妖怪ヒザマ』を説明しました。

オーレリーさんからは、復活祭のお休みに私が送った手紙の内容で、「忙しい」と「お話」が分からなかったそうです。

「夏に、ノルウェイへ・・・ということでしたが?」

「スイスにいます。実習先が見つかりました。インターネットで探し、5人にメールを送りました。一人からは返事無し、3人からはノン、そして、パレジューのご婦人から返事がありました。楽を教えてくれるそうです。『私が休暇に行く時、貴女も休暇に行ってもよいし、その間、アトリエに来て、私の生徒に教えても良し…』と言う事です。良かったですね。



*マリナさん

先日、美容院に行きました。オーナーはマリナさん。

「マリナさんは、北イタリアのご出身ですよね。お米ですか?」<下はポー平原>

画像

「私の故郷はポー河の近くではありません。少し離れていますので、ポレンタです。

故郷では、小さな食料品屋で、大きな袋に入ったポレンタの粉が3種、粗挽き、中挽き、細挽きが売られているのですよ。量り売りですね。この方がお得なので、周りの人の要望を聞いて、沢山買ってきます。

ベニスでもポレンタがあるのですが、白いトウモロコシから作り、細挽きで、美味しくありません。歯ごたえが無いのです。

ポレンタにはウサギが付きものです。戦時中、ウサギが足りなかった時は、塩鱈を使いました。

ポレンタには、水、ミルク、バターを入れて、鉄の鍋で25分間かき混ぜます。私は、最後には夫にやってもらいます。この鍋は、代々、祖母、母、娘と受け継がれるのです。スーパーでは、2分で出来るのも買えます。

ポレンタは、糸を使って切り分けます。そして、残ったら、翌日、フライパンで焼きます。」

と、ポレンタに関する講義!を受けました。

帰りのスーパーで、2分で出来るポレンタを買い、早速、試しました。先日、およばれした時のポレンタ料理を再現したかったのです。

チーズは、クレールさんはラクレットチーズを使ったそうですが、私はモルツァレッラを。

画像

失敗!モルツァレッラは伸びて、困りました。矢張り、ラクレットチーズですかね。


雪子


テキストや、日本語に間違いがあったら、どうぞ、直してください。ご意見もお待ちしています。

まず、「コメント」をクリック、「コメントする」まで辿りついたら、「ニックネーム」と「本文」を書き入れます。最後の「コメント(会員用)」と「コメント」がありますから、「コメント」の方をクリックしてください。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドーラさん・姪が心臓移植を受けました レマン湖畔より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる