レマン湖畔より

アクセスカウンタ

zoom RSS 紫陽花の明月院・・・お便りと思い出109

<<   作成日時 : 2017/06/19 18:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

『小学生新聞』を送ってくださった百合子さん、牛の写真で春子さん、プールをオープンしたカナダのスー、ヴェルニサージュへの招待は甥のシュテファンから、近況報告はベルンハルトさん、北鎌倉便りは浪岡嘉之さんからです。


*百合子さんから、5月22日

画像

「5月も中旬を過ぎ、こちらは初夏の陽気が続きます。ピュイはどうですか?お二人とも、お変わりなくお過ごしの事と思います。桜の後、木香バラや、あやめ、アイリス、そしてツツジなどの写真を撮って、パソコンから送ろうと思っていたのですが、ゆっくりと写真を撮りながら、という余裕が日本に居ると少なくなりました。(自転車で移動がおおいのも一つですが)。

今は、新緑が美しいです。既に、沖縄は梅雨入りしました。これから蒸し暑くなってくるのが、恐怖です。スイスに避難したいですが・・・子供たちは蚊に刺されて痒さと戦っています。

画像

この手紙の周りの模様は、スイスでもよく見かけたケシの花の実の部分をスタンプとして使ったものです。のらのらという子供向け農業雑誌の記事が小学生新聞に出ていて、トライしてみました。なかなかかわいいスタンプになった気がします。

リカは、明後日から一泊二日で、修学旅行に広島へ行ます。全生徒で、千羽鶴を折って、平和集会へ持っていくことが例年の行事になっています。

リンは、郊外学習で、クリーンセンターや、下水道施設見学があります。

P.S. マーモットの写真がかわいかったです。間近に見たんですね!!」


*春子さんから、6月13日

画像

「シャンペにお招きありがとうございます。7月30日喜んで寄せていただきます。

7月13日に日本から戻り、23日から友達が日本から来て、30日は雪子さん道子さんに会えるので、7月も楽しい月になります。

画像

昨日まで3泊4日の山でした。」

・春子さん宅の山小屋、こんな近くに牛がいるのですね!


*カナダの姪、スーから、5月14日

画像

「我が家のプールがオープンしました。どうぞ、いらしてください。歓迎します。」


*甥のシュテファンから、5月30日

「『バーゼル・アート』と並行して、バーゼル市のサンクト・ヨハンにある友人、ルネ・ファゾリンの画廊で、私の作品をお見せいたします。

ヴェルニサージュは、2017年6月13日(火)16時から20時まで。展示会は6月18日(日)までです。

お会いできるのを、楽しみにしております。」

画像


*ベルンハルトさんから、6月14日

「かなり長い間、お互いに連絡無しなので、今回は私がご連絡いたします。まず、質問ですが、お元気ですか?お二人とも、お元気で、美しいスイスの夏を楽しまれていますように・・・。

年相応に、そちこちの小さな痛みとかはありますが、元気にしています。家族に嬉しいニュースがあります。娘が、20年以来、ハイデルベルクに住んでいましたが、北ドイツ、それも、ハンブルクに戻ってきます。私達は知りませんでしたが、2年もの間、仕事を探していたそうで、遂に、見つかりました。銀行は、閉鎖しているので、仕事がありません。8月1日から、娘は『フランク・ワグナー持株会社』に勤めます。この会社は介護ホーム8軒経営しています。娘のことですから、真面目に、新しい部門、新しい仕事に取り込むとおもいます。仮採用の期間を無事に終えることを願っています。我が家からは40キロ離れたハンブルク北部なので、この近くに住むのは問題外ですね。娘の仕事場から6キロ離れた90平米で、3部屋の素晴らしいアパートを見つけ、7月中旬、引っ越すことになりました。

その前に、6月17日に出かけます。娘と娘の友人と私達とで、バンクーバーまで飛び、車を借りて、17日間、ブリティッシュ・コロンビアとロッキー山脈を旅行します。緊張しますね。自意識の高い女性3人の責任をひうけたのですから。難しいでしょうね。私が、口をはさむ余地があるでしょうか・・・。ご報告しますね。

北ドイツでも暖かく、お天気が良いお天気で、外に出て、庭で楽しんでいます。」

画像


*浪岡嘉之さんから、6月17日、『北鎌倉便り』

「梅雨の季節というのに余り雨がふりません。ことによったら空梅雨になりそうとの事で、一部水不足が心配されています。神奈川県にある箱根、芦ノ湖の取水権は江戸時代から静岡県にあり、神奈川県は芦ノ湖の水を利用できません。そのため神奈川県では人口の湖を4つも作り、今では豊富な水量となり東京都にも分けているのです。

画像

さて、余り天気が良いので北鎌倉を散歩してきました。北鎌倉の駅は今もレトロな雰囲気のまま残っています。

画像


画像

駅を出るとすぐ円覚寺です。サラリーマンの初期、研修好きの社長の命令で、二泊三日の座禅を組んだのを思い出しました。

画像

僅か、二泊三日でも、ものすごくきつかったので良く覚えています。

画像

円覚寺を出て、500メートルほど行くと紫陽花で有名な明月院があります。平日だというのに沢山の人が来てました。特に中国人が多く、話声を聞かないと日本人と見分けがつきません。きっと一人歩きの私も中国人と思われたかも知れません。

画像

一人歩きをしていた若い白人に声をかけてみました。(この歳になると私は怪しく見られないと思っています。)オランダから来たそうで、一人で大したものと感心しました。写真を撮ってあげましたが、アリガトウと日本語で言われました。オランダは何語か知りたかったのですが、それだけで終わりました。

画像

明月院は青を基調とした紫陽花が多くところどころに赤、金色などもありました。

以上、北鎌倉便りです。」


雪子


テキストや、日本語に間違いがあったら、どうぞ、直してください。ご意見もお待ちしています。

まず、「コメント」をクリック、「コメントする」まで辿りついたら、「ニックネーム」と「本文」を書き入れます。最後の「コメント(会員用)」と「コメント」がありますから、「コメント」の方をクリックしてください。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紫陽花の明月院・・・お便りと思い出109 レマン湖畔より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる