学校の思い出・・・「書く工房」2月

IMG_9040.JPG

2月最後の金曜日、15時、ジャックリーヌさんの家の前に行ったら、中年の男性が猫に話しかけていました。男性が去った後、ドアをノックしようとしたら、開いて、ジャックリーヌさんのご主人、フランシスさんが姿を現しました。バスローブ姿でした。お痩せになって、

「大丈夫ですか?」
「昨日、大学病院から帰って来た所です。今回で、4回目の手術をしました。」

後で、聞いたところ、大学病院でコロナにも感染したのですが、無症状だったそうです。

IMG_9051.JPG

大きなテーブルの周りに、皆さん、揃いました。今日の題は、「学校の思い出」です。<写真・鳥とサボテンはジャックリーヌさん宅のバルコンにありました。>

*コルデリアさん

フランクフルトから、イタリアの故郷、ナポリに引揚てきました。外交官の父は、後に、フランスに就任しました。そして、小学校は、フランスで始まりました。

父の次回の滞在先として、カナダと、スイスが候補にあがり、イタリアに近い、スイスのローザンヌに決定。モンショワジ地区の小学校に転校。私は、フランスが懐かしかったです。最後に商業学校を卒業しました。

妹は、事務所で一日中働いている私を見て、とても、同じ事をするのには耐えられない、とラボランティンになりました。

・コルデリアさんは、昔の写真を大事にしていらして、今回も、引き揚げの時の貨車で撮ったのと、小学校と商業学校の卒業写真を見せて下さいました。

*マドさん

幼少時、父を亡くし、母は、私を、ヴァレー州シオンのウルスラ会のシスターに預けました。親の無い子供たちと一緒でした。そこから、公立学校へ通いましたが、皆に馬鹿にされ、辛い思いをしました。シスター達も、親切ではありませんでした。

*ジェラルディンさん

IMG_9047.JPG

「ドイツからの爆撃が強まる中、ロンドンから学童疎開が始まりました。手に持てる荷物とガスマスク(上の写真では、各自、首にかけたボール箱に入っています)を持ち、列車で、田舎の町に到着しました。列を作り、大通りを歩いていくと、沿道から、住民が出てきて、一人一人、家に連れて行きました。私がお世話になったのは、母親と娘の二人家族の家でした。

学校は、校長先生がクエーカー教徒で、教頭先生がユダヤ人、二人共、徴兵忌避者でした。後は、女性の先生でした。

日曜日は、私は、英国国教会の信徒なので、そこの日曜学校へ行きました。朝、お母さんに6ペンスもらい、甘い物を買いました。

私の眠っている部屋には、小さな箱が沢山ありましたが、中には甘い物が入っているのがわかり、こっそりと、少しずつ食べて、お母さんが気が付いた時には、何も残っていませんでした。」

IMG_9050.JPG

*ジャックリーヌさん

「小学校高等科(多分日本の国民学校の高等科)の最後の家庭科の試験で、アペロから、メイン、デザートを作って、もうすぐ終わりと言う時、窓の外に煙が上がるのが見え、消防士が入ってきて、私たちは、急いで、外に出ました。側の学校が焼けてしまいました。あの時のデザートは、消防士が食べたのだ、と思っています。

私は、学校が大好きでした。役場で見習いをし、そのまま勤めました。その内、窓口勤務になり、満足していました。

勉強が大好きで、高等教育は受れれませんでしたが、今でも、何かを習うのは好きです。」

親が、医者とか、弁護士だったら、ジャックリーンさんはきっと大学に行き、リーダーになっていたと思います。ピュイの町議会でも、議員をされていたそうです。100人なのですが、サッカー試合の頃になると、70人位しか、出席がなかったそうです。

*私

「教育システムでは、小学校、中学校、高等学校、大学・・・が公立、私立ともにありますが、私立でのグループ教育に塾があります。

私は、3教室に行きました。

書道

cali.jpg

何歳だったのか、どの位の期間だったのか、そして、どうして書道だったのか、思い出せませんが、兎に角、小さかったです。両所先生の家は、歩いて10分程で、クラスは8人から、10人位ではなかったでしょうか。ここで教えてもらった事は、全然、役には立ちませんでした。今まで、一度も、綺麗な字を書いたことがないからです。

両所先生は、後に、3年と4年の時の受け持ちになりました。丸坊主で、目がするどく、何か、気にいらない事があると、チョークが飛んできました。恐ろしかったです。

そろばん

520px-Soroban.jpg

小学校5年生の時に、そろばんが始まりました。苦手だったので、家の近くのそろばん教室に行きました。山形市から女の先生が通ってきていましたが、山形弁は話されませんでした。

すごいのは、暗算です。頭の中にそろばんを描いて、指を動かすのです。足し算、引き算、掛け算、割り算、ルートなども出来ました。今でも、後悔していますが、続けなかったことです。6年生で辞めてしまいました。中学に入ると、学校が町の反対側で、通学に時間がかかりました。

数学

中学2年には、数学についていけなくなっていました。お豆腐屋さんをしている男性の先生のやっている塾に受け入れて貰えました。お名前は憶えていません。朗らかな笑顔の方でしたが、噂では、「少し変」と言うのです。田舎には、独身者はいませんでしたから・・・。

クラスは、男子だけで、週に2度、初めに必ずテストがありました。他の生徒は、90点、100点なのに、私は30点。その中に、少しずつ良くなって、いつも100点が取れるようになりました。

中学の終わりまでで、高校1年の数学を大体やりましたので、高校に入ってからは、勿論、楽でした。」

次回は、「もし、私がプリンセスなら・・・」です。

IMG_9048.JPG

マドさんがケーキを焼いて来てくださいました。グラサージとレモンが丁度良く、美味しかったです。

コルデリアさんは、電車に遅れないようにと、そして、マドさんは用事があるからと、去っていかれました。

IMG_9058.JPG

ジャックリーヌさんの家は、面白い家なので、ジェラルディンさんさんと私は上から下まで見せていただきました。上の写真では、Gandvaudグランヴォー村に持っていた農家の絵、そして、石の彫り物も、フランシスさんの作品です。

ケーキを少し分けていただき、ジェラルディンさんと一緒に帰ってきました。

驚いた事には、ジェラルディンさんは、私よりも9歳年上で、88歳だそうです。私もしっかりしなきゃ!べそをかいてはいられません!

・私の生活は、聖歌隊の練習を除いて、大体、元に戻りました。

雪子


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント