レマン湖畔より

アクセスカウンタ

zoom RSS 長かったクリスマスの日

<<   作成日時 : 2016/12/28 17:27   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ヴェルメイユ家にクリスマス・ランチにおよばれしました。その前の行事は、リュトリの聖マルタン教会の24日の真夜中のミサ。その前、30分、誰でも知っているクリスマス・ソングを、皆で歌います。そして、ミサ。その後、外で、ホットワイン、パネットーネ、ミカンなどをいただきながら、交流。この教会の信徒であるヴェルメイユ家の人たちとも会いました。

画像

25日、ピュイの聖モリス教会で、11時にクリスマスのミサ。

画像

ミサが終わると、挨拶もそこそこに、リュトリのヴェルメイユ家に向かいます。着いて、階段を上ったところに青い花がひっそりと咲いていました。何の花でしょうか。今年は、暖かくて、レマン湖付近にはまだ雪が降っていません。

画像

愛犬のハチ、テオさん、道子さん、ジャン・ピエールさん、花ちゃん、マリーに迎えていただきました。今回、おしゃべりに夢中で、皆さんの写真を撮るのを忘れてしまいました。 <ヴェルメイユ家の馬小屋>

画像

アペロです。左側のは、丸いパンのトースト。真ん中下のは、「La vache qui rit」日本語では何と言うのかしりませんが、「笑い牛」というチーズで、これは、一つずつ味が違い、包み紙になぞなぞが書いてありました。例えば「日本の国花は?」その右は、パテにジャム、塩辛いのと甘いのが合って、美味しかったです。それに、白ワインのゲヴュルツトラミネール。

画像

マリーは、黄色のセーターで、落ちついていました。学校が楽しいのだそうです。もうすぐ試験なのですが、今年は、学校の方針で、5人一組で、プロジェクトを計画、遂行してきたので、講義の勉強まで手が回らなかったそうです。「友人のお嬢さんにパーティー・プランナーがいますけど、興味ありますか?」との質問に、「そういうのではなくて、フェスティバルなどのイベントに興味があります」とのことでした。

画像

お食事です。前菜は、貝柱のサラダ。おいしくて、美しいですね。乾燥した花びらが散らされてありました。

画像

テオさんには、質問が沢山ありました。

「衛生兵は護身用の為のピストルしか持たないのに、何故、宿舎に銃があったの?」「あれは、給養員(軍の料理人)ので、戦闘兵のすぐ後ろにいるからです。衛生兵は、ずっと後方です。」(私達が見学したのは、衛生兵の寝室ではなくて、休養員の宿舎でした。)

「解散式で、女性が一人、スカートで、ハイヒールでしたが・・・?」
「女性の正式制服で、ショルダーバッグもあります。あの女性は、下士官です。女性の新兵は4人です。」

「軍の医療新兵学校を終えると、何かの資格が貰えますか?」
「私達はもらえませんが、看護小隊の新兵は、看護助士の資格が貰えて、病院、老人ホームなどで働けます。」

画像

メインは、牛のオーブン焼きにモリーユ(編み笠だけ)のソース、カリフラワーとブロッコリー。カリフラワーは白と紫、ブロッコリーは普通のとローマブロッコリー。そして、「お茄子とカリフラワーです。辛いので、ご注意を!」このお茄子が抜群でした。夫には、お肉が最高だったそうです。

画像


画像

赤ワインはハンガリアので、夫は、「口当たりがよいね」と言っていました。

画像

花ちゃんは、2時間の講習を受けて、「ジュニア・コーチ」になりました。リュトリでは、日曜日、6歳から12歳の子供たちに、無料で、おやつ付で、体を動かすのを奨励しているのだそうです。そして、ジュニア・コーチは20フランいただけるのだそうです。花ちゃん、エラーイ!ちなみに、私の観察したところでは、移民は、経済的な理由もあるでしょうが、あまり運動はしないようです。スキーなどにも行かず、長い休暇には、一時帰国。スイス国内の旅行もあまりしないようです。

画像

道子さんは、失業保険をもらいながら、3ヶ月間、失業者の為の講習に通っていました。コンピューターのフォトショップとか、面白かったそうです。もっと続けよう・・・と思いましたが、ジャン・ピエールさんからのアドヴァイスで、「あまり広げないで、今までやったことをしっかりと自分のものに・・・」と、一月から、講習はお休みするそうです。

デザートには、「今年は趣向を変えて、ティラミスにしました」と、道子さん。

画像

ヴェルメイユ家で、コーヒーに関して、面白いものを見せていただきました。下の写真で、左がシュトルーデル、真ん中がザッハートルテ、右がリンツァートルテ。夫々に合ったコーヒーなのだそうです。私は、ザッハートルテに合ったのを御馳走になりました。

画像

ジャン・ピエールさんのお仕事はうまくいっているそうです。ソフトウェアの開発で、営業はジャン・ピエールさんだそうです。国鉄もお客様だそうです。友人と二人で始め、現在60人の従業員がいるそうです。ジャン・ピエールさんは働き者で、頼りになりますね。

画像

コーヒーと一緒にチョコレートを出して下さいました。面白かったのは、スイス軍のチョコレートで、「コーラ・エキスとコーンフレーク入り」でした。

画像

マリーは愛犬ハチの散歩に、テオさんは・・・で、外に行きたいとのことで、プレゼントを開けることになりました。私達も、ワクワクしながら、プレゼントを開けましたよ。子供と同じで、嬉しいものですね。

優しくしていただいて、心が暖かくなって帰ってきました。ありがとうございました。


雪子


テキストや、日本語に間違いがあったら、どうぞ、直してください。ご意見もお待ちしています。

まず、「コメント」をクリック、「コメントする」まで辿りついたら、「ニックネーム」と「本文」を書き入れます。最後の「コメント(会員用)」と「コメント」がありますから、「コメント」の方をクリックしてください。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長かったクリスマスの日 レマン湖畔より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる