心も体も暖かいおでんの会

テーマは、久しぶりにお会いした友人達との食事会、お弁当を始めたレストラン、『六十歳からの人生』の読後感。 楽しみにしていた12月5日。夫に送ってもらい、春子さん宅へ。お宅のご近所には、まだ古い家が沢山あり、何となく、ゆったりとした気持ちになります。 春子さんに優しく迎えていただきました。やはり、一軒家はよいですね。地…
コメント:0

続きを読むread more

フランスを旅して③・・・お便り224

風邪薬を送って下さるさゆりさん、モンサンミッシェルを訪れ、そして上山に行かれる玉川啓治さん、「ひびみこデイリー」を転送してくださる加奈子さんからのお便りと、聖歌隊のクリスマスと運転ボアンティアをしているディディさん。 *さゆりさんから、12月1日 「金曜日、妹からの荷物が届きました。雪子さ…
コメント:0

続きを読むread more

自分を愛していますか?・・・『聖書勉強会』ピュイ

聖書の勉強会、誕生祝の軽食付きの劇場、熱々のアルプスのマカロニ。 今回は、男性5人、女性3人。男性陣、活発でした。 テキストはフランスのメッツ司教区から出ている聖書。ヨハネによる福音書12章20節から50節まで読みました。 リーダーで、神学者のジャン・ダニエルさんは、テキストの他にエ…
コメント:0

続きを読むread more

フランスを旅して②・・・お便り223

ロイカーバードからは道子さんとジャン・ピエールさん、フランスを旅して②は玉川啓治さん、近況報告は楓さんからのお便りと待降節の第一日曜日、ろうそく、リース、待降節のカレンダー、新しい日記帳、塩麴。 *道子さんとジャン・ピエールさんから、11月29日着 「太陽が燦々と照る週末を利用…
コメント:0

続きを読むread more

私の決断・・・「書く工房」11月

ローザンヌにクリスマス・マーケットが出ているので、少し見物してから、作文クラブへ・・・と思いました。午後2時半、聖フランソワ広場には、もう大勢の人々、そして、商店街は人でびっしり、Black Fridayでした。日本食料品屋さんへ。 「何となく、気忙しいですね。」 「あら、そうですか。今は、静かなので、私達…
コメント:0

続きを読むread more

フランスを旅して・・・お便り222

誕生日のお祝いの言葉へのお礼はアンディーさん、フランス旅行のご報告は玉川啓治さん、近況報告はさゆりさんからのお便り、耳に入ってくる日本への旅する人の事、私の読後感『季節の流れに・・・モーリス・ザンデルと行く』です。<写真は上下共に、菩提樹> *アンディさんから、11月27日 「誕生…
コメント:0

続きを読むread more

初雪が降りました・・・お便り221

お便りは、冬の訪れについては妹、初雪とドアのリースについては理勢さん、水に差して根を生やさせたさゆりさん、高校時代の思い出は浪岡嘉之さん、皺の見えない写真のお礼状はクレールさん、今年初めてのクリスマスカードはリンさんとハンスさんから、そして、私が出席したお葬式、いただいたエレガントなセーター2枚、缶詰のツナを入れたギッ…
コメント:0

続きを読むread more

まるで新婚さんのお宅

月に一度美容院へ行き、その後、スーパーで買い物。早めに行って、ロルフさんとクレールさんご夫妻と一緒にカフェテリアで食事をしていました。ご夫妻は、ローザンヌを挟んだ反対側のプリイにお住まいなので、スーパーは近いのです。美容師さんが新しい所で仕事を始め、スーパーにも行かなくなりました。それで、ご夫妻とは、しばらくお会いして…
コメント:0

続きを読むread more

高校時代の思い出・・・お便り220

お嬢さんの婚約のお知らせでジュリーさん、東涛会有志の昼食会のご報告は浪岡嘉之さん、お葬式で歌う要請を受けた聖歌隊の指揮者サルバトーレからのお便りと、浪岡さんからの写真を見ていて思い出した高校時代のエピソード、小さい頃のリカとチェンマイに行った思い出です。 *ジュリーさんから、11月6日 「…
コメント:1

続きを読むread more

聖歌隊に入ったキアラさん・・・お便り219と日常生活

幸ちゃんについては玉川啓治さん、ケイ・コイトさんのオルガン・コンサートにいらした楓さん、聖歌隊に入ったキアラさんと日本旅行、ブログのパスワードについては浪岡さん、美容師のミンダさんの話、夫が買ってきてくれた小さな鉢植えの花、お隣のクリスマス・ツリー。 *玉川啓治さんから、11月16日 「ジ…
コメント:0

続きを読むread more

スカウトのカレンダーを売るアモリー君

ギスレーヌさんとご家族、久しぶりに聖歌隊に出席のアンヌ・マリーさんとジョジアンヌさん、リュトリ―のプロテスタント教会で歌う予定のジュリアンさん、アモリー君の売っているスカウトのカレンダー、「押す」の字をみてドアを開けた二人の女の子。一階のお隣さんのサンタクロースとパソコンのある部屋からの風景。 …
コメント:0

続きを読むread more

毎朝4箱のお弁当を作ります

春子さんと道子さんとのお茶、ジェラルディンさん、マルティーヌさんにご挨拶、サイバー攻撃に取り組む『大統領は行方不明』を読み、バルコンのプランターの整理をして、ほうれん草のタルトを焼きました。 道子さんのお誘いで、ピュイのティールーム・ヴァンサンに向かいました。着いた時は、春子さんもいらしていました。…
コメント:0

続きを読むread more

庭の木々の葉も少しずつ落ちて・・・お便り218

先回、ケルメスでいただいたのは、ラザーニャではなくて、パエリアでした。訂正させていただきます。 ハート形の沼の新聞記事と切り抜きで理勢さん、幸ちゃんについては玉川啓治さん、妹に会った従妹の朝子ちゃん、無事に帰宅したさゆりさん、鉢植えの野草園を作った野木先生、聖マルタン教会ケルメスでの写真のお礼はアンリさん、結婚するカップ…
コメント:0

続きを読むread more

聖マルタン教会のケルメス

道子さんとジャン・ピエールさんに誘われて、行ってきました。私は運転はしませんし、夜、夫は見えないので、今、事故でも起こしたら、免許を取られてしまいます。19時に、ジャン・ピエールさんが迎えに来て下さいました。<写真は、レイザンの大滑り台を入れていきますね。> リュトリ村の小学校の体育館に入ったら、大勢の人でビックリ…
コメント:0

続きを読むread more

さゆりさんとの三日間

11月6日(水)、夫がさゆりさんをピュイの駅まで迎えに行きました。沢山のプレゼントで重いスーツケースを引っ張りながら、シャッフハウゼンからいらして下さいました。 それからは、おしゃべり、よくこんなにも・・・と思われる程で、喉の運動を通り越し、痛くなりました。 スイスの役所…
コメント:0

続きを読むread more

道子さんの誕生会

マリーが大学の修士課程、テオさんが看護学校、テオさんのガールフレンドがジュネーブ大学で国際関係を始め、道子さんのネットを使ったお仕事に興味がありました。それから、ティーライト、声変わりが終わったニコラ君についてです。 たまった写真を整理しています。ヴェルメイユ家の皆さんの写真を夫と見ながら、お蔭で、どれほ…
コメント:0

続きを読むread more

故郷の訛りで昔話・・・お便り217

きれいな切手をはり、お嫁さんのブドウの絵のカード、新聞の切り抜きをそえて理勢さん、災害の後始末、ラグビー・ワールドカップ、「青森のブルー」と題した雑誌の切り抜きを添えて妹、ヴァレー州のフォルクラで休暇を過ごしたマリアンヌ・フォーシェールさん、個展のお誘いはメタさん、やっと雑草の名前がわかった野木先生、東京の上山会に出席…
コメント:0

続きを読むread more

空気中から炭酸ガスを取り除く方法は?・・・お便り216

2020年度の日めくりとおせんべいを送って下さった理勢さん、空気中から炭酸ガスを取り除く方法については浪岡嘉之さん、『牧野日本植物図鑑』の「序」を読み始めた野木先生、小学校の同窓生の訃報を伝えて下さった芳子さんからのお便り、亡くなった幸ちゃんの家の人々の思い出とへそくり、そして、昨日の墓地、お昼にギッシュを焼きました。…
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術後、3日後に退院しました

聖歌隊の練習の前に、心臓手術をしたルチアさんと話し、辞めたマルティーヌさんへカードを書いて、美声のジュリアンさんが話題にあがり、私の着ていた古着が褒められ、フランソワさんの話を聞きました。シャンぺでのピクニック、レバノンで過ごしたお孫さんの秋休みと、兵役の思い出でした。休暇で帰ったドーラさんに栗をお土産にいただき、楓さんにお借り…
コメント:0

続きを読むread more

頭に来た!・・・「書く工房」10月

今回の出席者は7人。新しい方がお一人、お名前はマルトさん。私と同じ通りにお住まいだそうです。7人全員がピュイの住民。先回もそうでしたが、初めての方は、話が止まりませんね。それも、今回は、イヤなことばかり。そして、 「日本人は、強制連行された韓国の慰安婦にお詫びもしないとか・・・。」 これには、ショックでした…
コメント:0

続きを読むread more

昨日、日本から戻ってきました・・・お便り215

日本から帰られた夏子さん、初恋の人の死をいたむ美代子さん、悪天候が心配な浪岡嘉之さんとレマン湖の津波、ご無事でフランス旅行から帰られた玉川啓治さん、18年前の写真を受け取った故郷の芳子さんのお便り、そして、私ですが、よく出来たほうれん草のタルトと、夫の留守にいただいた納豆です。 *夏子さんから、10月24日 …
コメント:0

続きを読むread more

ああ、楽しかった!!!

夫の昔の同僚との食事、息子さんの働いているソーラー・インパルス・ファンデーション、インテリアデザイナーの奥様、医療助手の養成についてです。 ある日、夫の昔の同僚から電話がかってきました。マレイシアからだそうで、夫は、自分で電話をとらないで、すぐ私に渡してしまうのです。 「ローザンヌに住んでいる息子を訪ねるの…
コメント:0

続きを読むread more

来年の健康保険料の通知・・・お便り214

来年の健康保険料と厚生年金加担分の通知、年齢の変わり目かしらと故郷の理勢さん、『悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと』を貸して下さった楓さんと『牧野日本植物図鑑』を見ても、花の名はわからなくて困っている野木先生がテーマです。我が家の室内は、秋の飾り付けになりました。 *健康保険屋さんから、10…
コメント:1

続きを読むread more

神さまから委託された仕事です

掛かりつけのマテ先生との面談で、夫が亡くなった時の為の緊急メモ。そして、銀行のツィンマリさんに会い、これも、夫が亡くなった時の事、それに、新しくエコなどを考えに入れた投資について聞きました。<写真上・バス停ラミュ通りの後ろにシクラメンが満開です。> 10月15日、マテ先生の診療所に伺いました。裁…
コメント:0

続きを読むread more

各地での早急な回復、復旧を祈るのみ・・・お便り213

いとこ達と再びコンタクトをとった朝子ちゃん、本のお礼はジャン・リュック神父様、お見舞い(私、病気ではなかったのですが・・・)は義妹のベートリ、三年生を担当した野木先生、日本の災害については楓さん、写真のサイトでノーマさん、暖房をしている理勢さんからのお便りと、私が読んだ本です。 *従妹の朝子ちゃんから、10月3日…
コメント:0

続きを読むread more

マルグリット・バイが聖人になった日のミサで

テーマは、マルグリット・バイが聖人になった日のミサ、ジュリアンさんの美声が聞きたい信者さんたち、音に敏感な耳を持ち、ガールフレンドができたサルバトーレさん。 私は、教会には少し早めに着き、ろうそくをマリア様にあげてから、席に着きます。ホールから入ると、祭壇に向かって、席は、大きく分けて、ベンチの…
コメント:0

続きを読むread more

夫の同僚たちとの昼食会

年に二回の夫と同僚の昼食会。私も入れてもらっています。以前は、まず散歩、それからお食事だったのですが、今は、ローズマリーさんが歩けなくなって、昼食だけです。秋は、ウシ。12時15分に、ウシのボーリバージュホテル前での待ち合わせ。 家を11時半に出て、25番バスで、デリスまで。そこから、以…
コメント:0

続きを読むread more

薬局を売って、何か、新しい事をします

皮膚科で 朝、目が覚めたら、又、赤いポツポツが出来ていて、痒くてたまりません。今度は、手首の内側。マテ先生は休暇中で、予約は15日なので、それまで待つ自信がありません。ピュイのクレイェンビュール皮膚科は月火と水曜の午前中しか開いていなくて、電話をかけてもなかなか繋がりません。大学病院の皮膚科の緊急に電話かけても・…
コメント:0

続きを読むread more

スーパー銭湯に行きました・・・お便り212

ラグビー・ワールドカップとクリームの蓋については妹、80歳の誕生祝いの招待状は義弟のクルト、『断定的な言葉の力』は野木清先生、初恋の人を失いおつらい美代子さん、長野県北信ご出身の楓さん、お誕生日に大振る舞いを・・・と茜さんからお便りをいただきました。 *妹から、9月30日 「9月5日付…
コメント:0

続きを読むread more

見習い期間は何年ですか?

ショッピング・センターでの買い物と食事、新しく任命された司祭と司牧係を迎えるミサ、聖書朗読会、読み終わった小冊子、そして、郵便箱に入っていたものは? 金曜日・ローザンヌの向こう側のショッピング・センターで 月に一度、ローザンヌの向こう側のショッピング・センターで、友人夫妻と会い、カフェテリ…
コメント:0

続きを読むread more

初恋の人が亡くなりました・・・お便り211

『小学生新聞』と砂糖菓子とさんまポップアップカードでのお便りは百合子さん、子供の頃の芋煮会の思い出に、サトイモと『もってのほか』の写真を添えては玉川啓治さん、不思議にヴェニスからの絵葉書が早く着いて・・・とミシェルさん、初恋の人が亡くなって・・・と美代子さん、「断定的な言葉の力」は野木清先生、そして、今、結婚を祝って、…
コメント:0

続きを読むread more

月下美人が咲くと、秋本番です・・・お便り210

美しい切手を貼ったお手紙に、新聞の切り抜き、そしてお嫁さんの作品の白ばらとトルコ桔梗の絵葉書を添えては故郷の理勢さん、野木清先生の「天才発掘の原理と方法」、ヴェニスからはミシェルさん、夫と私へ「長生きして下さいね」と茜さん、月下美人の写真と落花生については玉川啓治さん、暑くてたまらない日本からは夏子さん、本「輝ひかり―…
コメント:0

続きを読むread more

夫に守られていますね

  『訂正』この前のブログで、東京上山会の芋煮会は19月ではなくて、10月の間違いでした。失礼しました。 テーマは、加奈子さんと春子さんとの再会、「輝ひかる―いのちの言葉」を読んで、マテ先生の判決です。 *加奈子さんと春子さんとの再会 9月26日の夜、春子さんから、お電話があり、 「加奈…
コメント:0

続きを読むread more

書道教室24回受講終了証をいただきました・・・お便り209

書道教室、パソコンクラブ、芋煮会については友人を亡くした玉川啓治さん、写真を通しての思い出は茜さん、ご挨拶はマリアンヌさん、処方箋はマテ先生、そして、私は教会のガラクタ市でエプロンとズボンを買いました。 *玉川啓治さんより、9月20日 「30度を上回る気温も少なくなり、過ごしやすいこの頃です。 平…
コメント:0

続きを読むread more

夢と現実・・・『書く工房』9月

9月の例会は、いつもの『シニア運動』の一室で。テーブルには、水差しとコップ、今日の会費4.50フランをいれる箱と、会報がおいてありました。 6月の例会は、目の手術でお休みしたので、夏休みを挟んで3カ月ぶり。新しい方が二人いらしていました。テーマは、夢と現実。 待っているのがイヤな私から。 …
コメント:0

続きを読むread more

判決は月曜日です

黙想会に行く車の中での話では、レジーナさんの今でも続く右肩の痛み、消えてしまっためまい。私の祈りの最中にでてくる余計な考え。食事の用意を通して、人助けをしているレジーナさん。お孫さんのオーレリーさんのその後、それから、救急隊員の息子さんとエステティシャンのお嬢さん。マテ先生の判決は月曜日です。 …
コメント:0

続きを読むread more

今回は、具体的なお話しで、良かったです。

9月24日の南歯岳の家の黙想会のテーマは、イエズス会のエモネ神父様による「イグナチオ・デ・ロヨラと祈る」です。 前回参加した黙想会は、2月14日、楽しみに待っていました。 9時15分に、べにある黙想の家に着きました。 テーブルが用意されてあって、コーヒーとビスケットをいただきました。コーヒーの蓋を皆さ…
コメント:0

続きを読むread more

心が痛む母国の政治情勢

『訂正』先回のブログで間違いました。ジュリアン・レルミットさんは、現在、川道博子先生の教えを受けていないそうです。失礼いたしました。 今回は、挨拶について、ローザンヌの聖書勉強会の9月例会、聖歌隊の指揮者が代わっての最初のミサ、胸を痛める母国の政治情勢、自殺について、ご近所のバルコンの飾り付け、新しくなった公園の…
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャの世界遺産を巡る旅・・・お便り208

自然災害については妹、ご主人様の退院のニュースは理勢さん、夫のクラス会の写真を添えてロランドさん、ギリシャを訪れている冬子さん、献金のお礼はプロ・セネクトゥーテ、息子さんのジュリアン・レルミットさんについてと手作りのおはぎを持って来て下さった楓さん、我が家の冬のメニューがテーマです。 *妹より、9月10日 …
コメント:0

続きを読むread more

裁判は月曜日です

テーマは、思いがけない帯状疱疹、心と身体の関係、告発されたマテ先生、不必要な治療と延命治療、アンジーさんの大学生活第一日目、ミサの中の死者の為の祈り、デュポミエさんも聞きほれたジュリアンさんの美声です。 *帯状疱疹 左腕のくぼみに赤い斑点が出てから12日、その間、薬局に3度足を運び、3種類…
コメント:0

続きを読むread more

骨折で入院中でも、バリバリのお義母さん・・・お便り207

同級会の報告はリナさん、ノルウェーの自転車旅行の詳細はカトリーヌさん、入院中でもバリバリの義母さんと千葉の台風被害については茜さん、ブログと息子さんの声量については、美声の青年のおかあさん、そして、私がブログを始めた経緯と声量がなかった女学生の話です。 *リナさんから、9月16日 「お…
コメント:0

続きを読むread more

美声の青年と日本人のお母さん・・・出会い・再会

お一人で辛いラシェルさん、眼鏡屋さんのフェデラーさん、歯科衛生士さんのティナさん、美声の青年と日本人のお母さん、そして、曽野綾子さんの「六十歳からの人生」を読みました。 *ラシェルさん ミサの時、いつも頭をゆらしている女性がいて、何度か、教会前と通りを挟んだバスの停留所でお見掛けしました。…
コメント:0

続きを読むread more

CO2税金をスイス国民に還元・・・お便り206

アニメのハイジ展と二胡のコンサートについては宮子さんから、CO2税還元金についてはヴォー州厚生年金基金、チューリッヒの絵葉書で夫のクラス会の出席者の皆さん、右耳が不自由な私を案じ手数料聖歌隊の新指揮者サルバトーレさん、私が最後に読んだ本は『あれは夏だった』です。 *北海道の宮子さんから、9月5日…
コメント:0

続きを読むread more

年をとって、13歳に戻ったの?・・・お便り205

80歳の誕生祝いは劇場でとウェルナーさん、誕生日祝いのお礼にはカナダの姪のスー、ブログの関連ホームページの問題解決は浪岡嘉之さん、カナダでの休暇報告はゲオルギさん、誕生祝のお礼はルートさん、虫刺されにお勧めはさゆりさん、そして、赤くなった皮膚が痒くてたまらない私です。 *ウェルナーさんから、9月7日着 …
コメント:0

続きを読むread more

何もしないで、背骨が折れました・・・出会い・再会

背骨の手術を受けたローズマリーさん、フランスでの休暇から帰ったサンドさん、教会でお掃除をしているファブリチアさん、ボランティアで昼食にお客を招いているタイリさん、お皿に乗せた私の3本の眼鏡がテーマです。 *ローズマリーさん ピュイの中心にあるレストラン・デルタで12時に待ち合わせ。このレス…
コメント:0

続きを読むread more

自己啓発アトリエを開きます・・・お便り204

近況報告は姪のスージ―、お姑さまのニュースは民子さん、希望に満ちているニコルさん、ご主人様が退院なさった理勢さん、老人ホームに移られたシスター・カルメリスからのお便りと、お向かいさんのパーティ、私は読書用の眼鏡で本が読める様になりました。 *姪のスージ―から、9月1日   「母の写真…
コメント:0

続きを読むread more

和室ができました・・・お便り203

「我が家に和室が出来ました! お送りした写真でお分かりの様に、日本から送られてきました!どうして、このような展開になったかと云うと、未だに信じられないのですが、簡単にご説明しますね。 以前から、わが家の何処かの隅に和風のコーナーを作りたいと畳2枚を購入してましたが、中々実現しなくて2枚の畳は…
コメント:0

続きを読むread more

ずぼらな生活、丁寧な生活・・・お便り202

私の宗教に関してのご質問は瑠美子さん、『君付け』に関して従弟の茂夫さん、近況報告は浪岡嘉之さん、ずぼらな生活についてはさゆりさんからです。 *瑠美子さんより、8月28日 「今日、素敵な雪子さんからのカードが届きました。ラブラブご夫婦の写真も。 ご丁寧なカード、うれしく拝見しました。…
コメント:0

続きを読むread more

ハンバーグと、思い出の食べ物

三人の誕生会の時、 「もう何年もハンバーグ食べていないなあ・・・」 と言ったところ、道子さんにデートのお誘いを受けました。後に、夏子さんもお誘いなさいました。気にかかっていたのですが、夏子さんはお忙しくて、お会いできるのは無理、と思っていました。 当日、少し遅れて到着。道子さんと夏子さんが待っていて下…
コメント:0

続きを読むread more

夫が入院中です・・・お便り201

お礼状は従妹の朝子ちゃん、ご主人の入院については故郷の理勢さん、ノルウェーのロフォーテンをバイクで周っているマルクスさんとカトリーヌさん、野菜と果物を新鮮に保つ方法はさゆりさん、お孫さんと過ごした休暇とクーラーについては冬子さんからです。 *従妹の朝子ちゃんから、8月10日 「リュトリ…
コメント:0

続きを読むread more