ああ、楽しかった!!!

IMG_5092.JPG

夫の昔の同僚との食事、息子さんの働いているソーラー・インパルス・ファンデーション、インテリアデザイナーの奥様、医療助手の養成についてです。

ある日、夫の昔の同僚から電話がかってきました。マレイシアからだそうで、夫は、自分で電話をとらないで、すぐ私に渡してしまうのです。

「ローザンヌに住んでいる息子を訪ねるのですが、お会い出来ませんか?」

10月20日(日)、13時に、ピュイの港のレストランで、息子さんも一緒に会う事にしました。

IMG_5093.JPG

その日、歩いて、港に向かいました。いつもは、ぶどう畑を通るのですが、今回、「高校の細道」を通ります。<写真下は、シャンブランド高校>

IMG_5096.JPG

テーブルを窓際に用意して下さっていました。後ろには、イタリア人の大家族が、誕生日のお祝いで来ていました。レストランは満席です。朝は曇っていましたが、午後は晴れるのを見越して、外のテラスも満席。

IMG_5118.JPG

ヨブさん、ご到着。お名前ですが、旧約聖書に出てくるヨブですね。オランダ人です。一時、夫の働いている会社のアジアの支部で働いていました。現在は、ドレスデンにある機械製造会社のアジアで販売顧問をしているそうです。もうすぐ、定年ですが、顧問なので、このまま続けるそうです。

オランダ人は人あたりが良いとの評判です。面白い話を沢山お聞きしたので、書いていきますね。

夫とヨブさんは、前菜にサラダ

息子さんは、いらっしゃいませんでした。

「どうせ、会社の話ばかりで、自分には関係ないし、仕事で手が一杯なので。」

息子さんは、勉強しないで、ドイツ語も、スペイン語も、話せるのだそうです。中国語も話せます。もう一カ国語を・・・と日本語を勉強したかったのですが、希望者が多すぎ、インドネシア語を習っているそうです。

BP-e1563196759464-300x300.jpg
original.jpeg

ベルトラン・ピッカールのSolar Impulse Foundationソーラー・インパルス・ファンデーションにお勤めだそうです。

「中国語で、ソーラー・インパルスで、どんなお仕事が出来るのですか?」

big_Mobile-Aeroponics-Farming-growing-lettuce-the-green-way.jpg

「この基金では、環境保護の為に、利益を伴うような解決策に、ソーラー・インパルスのラベルを貼り、勧めています。エコと経済を結び付け、エコでありながら、経済的利益も得られるのです。例えば、ゼロCO2企画ですね。中国にも、この企画を勧めています。」

ヨブさんに、狩りの季節なので、お勧めしたら、

IMG_5100.JPG

「レマン湖畔に来たら、ペルシュ・フィレをいただかないと・・・。」

ここで、ヨブさんの思い出話。

「お客様を案内してレストランに行きました。丁度、狩りの季節で、北オランダでシャッスと言えば、北から南へ飛んでくるカモなのです。お客様は、

『何?森の獲物ではなくて、カモだと?!』390px-SmallEdamCheese.jpg

北オランダ地方のチーズは、Edamエダムです。そのエダム・ソースをかけたカモを出してくれましたが、お客様が大層気に入られ、翌朝、マーケットで、カモを買いました。羽をつけたままのカモをスーツケースに入れて、帰られました。」

夫は、

「妻は、家で赤いお肉をしないので・・・」

ステーキ。写真は忘れてしまいました。

IMG_5099.JPG

私は、ザリガニとボレキノコのリゾット。美味しくて、半分量で良かったです。近頃は、レストランでは量が多すぎて、後で、気持ちが悪いのですが、今回は、丁度よくて、満足しました。

ワインは、ピュイの白と、ドールの赤。そして、お水。

奥様はインテリアデザイナーで、現在、シンガポールとマレイシアのお店で働いていらっしゃるそうです。ヨブさん、

「羨ましいよ。私は、会社を訪ねて行って、お願いして買ってもらいます。妻は、何もしないでも、向こうから、お願いされるのです。すごいですよ。例えば、スリランカに英国植民地時代の館があって、そこを改造してホテルにするのに、妻と私を、飛行機とホテル代込みで招待してくれました。マレイシアに、現在、高いビルを建設中ですが、中の事務所、アパートなど、妻に内装を頼んできました。

初めて就職して、お客様の案内を頼まれました。その当時、運河沿いに住んでいたので、お客様を自宅に招待、運河を眺めながら、ハム、チーズなどの冷たいお肉をいただきました。お客様に喜んでいただきました。

ずっと、後になってから、又、仕事を探していました。(何の仕事か、私、忘れてしまいました)面接に行きました。面接官は、ドクターXで、ウクライナ人。

『君は、王子でも、公爵でも、男爵でもないね。普段、貴族を雇うんだよ』

と言われました。それでも、ドクターXとは、交友を続け、いろいろと助けてもらいました。少しでも、恩返しに・・・と、ドクターXのリムジンとお宅に、シャンパンをお届けしました。そしたら、ドクターX

『いくら欲しいの?』

『あの・・・』

と説明しましたが、わかってもらえず、ますますイライラして、小切手を出し、

『これで、いいだろうね!』

と言われました。10万ユーロでした。」

IMG_5101.JPG

私は、お話しを聞きながら、思いました。

「仕事では大変な事もあるけれど、楽しい時もあるのだなあ・・・。多分、夫も同じでしょう。」

ヨブさん、

「何よりも、性格がおだやかで、優しい人がよいですね。意地悪で、怒鳴ったりする人にはついてはいけません。」

皆さん、同じでしょうね。今日は、沢山笑って、楽しかったです。ヨブさん、お笑いの劇場に出られるのでは・・・。<写真下・ご近所の柿の木です。この柿、どうなってしまうのかしら・・・。>

IMG_5113.JPG

・今朝、マテ先生の医院に、インフルエンザ予防接種をしてもらいに行きました。コラリーさんという若いお嬢さんにやってもらいました。そこで、

「職種は何ですか?どうやって、資格を得ましたか?」

医療助手です。養成ですが、二通りあります。どちらも、3年です。一つは、医院で見習いをしながら、学校に週一度通います。もう一つは、私がとった方法ですが、2年間学校に通い、3年目は医院で実習でした。両方、CFC(スイス連邦能力証明書)をいただけます。母も、同じ仕事をやっています。」

「更に、研修などの義務はありますか?医師、理学療法士には研修義務がありますよね?」

「ありません。でも、私が、行きたい研修には、マテ先生は研修費を払って下さるのです。感謝しています。」


雪子


テキストや、日本語に間違いがあったら、どうぞ、直してください。ご意見もお待ちしています。

まず、「コメント」をクリック、「コメントする」まで辿りついたら、「ニックネーム」と「本文」を書き入れます。最後の「コメント(会員用)」と「コメント」がありますから、「コメント」の方をクリックしてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント